肌のコンディションを整える キャリアオイルとしても人気のホホバオイル


ホホバオイルは、メキシコやアメリカ南西部などの砂漠地帯に生息するホホバの種を低温圧搾して抽出したものです。
古来よりアメリカ先住民が重宝してきたのがホホバオイルです、

 

ホホバオイルは、正確には油ではなく、植物ワックス(ろう)です。
主成分は脂肪酸とアルコールが結び付いたワックスエステルです。

 

ワックスエステルは、私たちの肌に含まれている成分で、表皮の水分を保持する役目をもち、肌の表面の角質層には20〜30%も含まれています。
そのため、ホホバオイルを肌に塗布すると角質にワックスエステルを補給でき、肌の水分保持機能を高めることができると言われています。
この「ワックスエステル」のおかげで私たちのお肌は弾力と潤いを保つことができるのです。
そして、私たちの肌成分と同じ「ワックスエステル」を生み出すことができるのがホホバオイルです。

 

使用感はさらっとしており、肌への浸透性も高くべたつきはありません。
また、ワックスであるために熱に強く、ほかの植物油に比べて酸化しにくいのも特徴です。

 

そのため品質が劣化しにくく保存しやすいため、石けんやクリームなどの手作り化粧品の材料としても大変よく使われているオイルです。
そのほか、マッサージ用のキャリアオイルとしても最もよく使用されています。
また、常温だと液体ですが気温が5度以下になると凝固する特徴がります。

 

ホホバオイルの特長

肌の水分保持

ホホバオイルは、表皮の水分が蒸散しないように皮膚表面を覆う角質の成分「ワックスエステル」を多く含みます。
肌の水分保持機能を高める働きと角質を健やかにして強度を高める作用もあります。
紫外線や雑菌などの刺激に負けない肌作りを助けるため、敏感肌の改善におすすめです。

 

皮脂バランスの調整

ホホバオイルに多く含まれるワックスエステルは、人の皮脂にも含まれる成分です。
なので、肌に塗布すると皮膚表面の皮脂分泌に働きかけることができ、皮脂量の過不足を調整する作用が認められています。
皮脂が不足した乾燥肌や、皮脂が過剰な脂性肌の改善に役立つでしょう。
特に、脂性肌に多いニキビや炎症の緩和におすすめです。

≪オイルデータ≫
【品名】ホホバオイル(Jojoba Oil)
【原料(抽出部位)】種子
【抽出法】低温圧搾法
【主な産地】 アメリカなど
【科名】ツゲ科
【和名】ホホバ油
【酸化特性】酸化しにくい
【色】無色から黄色
【保存方法】冷暗所
【香りの特徴】ほぼ無臭
【適している肌質】全ての肌質、特に乾燥肌と脂性肌

 

≪主要成分≫
エイコセン酸69.4%
エルシン酸13.9%
オレイン酸11.9%
その他4.8%