低アレルギー性で敏感肌にもやさしい感触の軽めのグレープシードオイル


ワイン造りは、ブドウの実を醸造して蒸留します。
そのあとにブドウの種が残りますが、その種を高温圧搾じて抽出されるのがグレープシードオイルです。

 

グレープシードオイルは、抗酸化作用を持つポリフェノールやどタミンEを多く含んでいます。
また、肌にやさしい低アレルギー性のため、肌に負担をかけず、敏感肌でも使いやすいのが特長です。
ただし、ワイン用のブドウには農薬が使われている場合があるので、無農薬のオーガニックのものを選ぶといいでしょう。

 

ブドウの種子には、重量の13%以下の油しか含まれていなので、 低温圧搾では抽出量が悪く好まれません。
高温処理で製造されているものが殆どですので、低温圧搾にこだわる場合は 表示を良く確認して選ぶ必要があります。

 

また、べたつきのないさっぱりとした使用感なので、べたべたしたオイルが苦手な人や、仕上がりをさらっとさせたい人におすすめのオイルです。

 

グレープシードオイルの特長

アンチエイジング

肌の水分保持力を高めるリノール酸を多く含むため保湿作用に優れています。
さらに、抗酸化作用の高いポリフェノールやどビタミンEを豊富に含むため、皮膚細胞の酸化を抑制して肌の老化を防止する働きが期待できます。
日常のスキンケアに取り入れることで、皮膚細胞の酸化によるシワやシミの発生を抑えることができます。

 

角質の状態を整える

グレープシードオイルは角質を健やかに保つリノール酸に加え、肌への栄養分の浸透力を高めるオレイン酸を含んでいるオイルです。
固くなった角質をやわらかく整えたい時に利用すrのをおすすめします。。
また、オイルが浸透しにくい肌にもグレープシードオイルは、よくなじんで浸透するので脂性肌に悩んでいる人にもおすすめできます。
クレンジング剤としても使用できます。

 

≪オイルデータ≫
【品名】グレープシードオイル(Greapseed Oil)
【原料(抽出部位)】種子
【抽出法】高温圧搾法、低温圧搾法
【主な産地】イタリア、チリ、フランス、スペインなど
【科名】ブドウ科
【和名】ブドウ種子油
【酸化特性】酸化しにくい
【色】無色から緑色
【保存方法】常温、暗所、冷蔵庫でもOK
【香りの特徴】まぼ無臭
【適している肌質】全ての肌質、特に脂性肌、普通肌、敏感肌

 

≪主要成分≫
リノール酸61.4%
オレイン酸21.2%
パルミチン酸11.1%
その他6.3%