炎症鎮痛 皮膚炎などにアボリジニの万能オイル エミューオイル


エミューオイルは、オーストラリアの先住民のアボリジニが四万年以上前から傷、やけど、打撲、関節炎、筋肉痛、虫さされなどの炎症鎮痛、皮膚炎などの万能薬として古くから使用されていました。
エミューオイルはそれ自体が自然の防腐作用があるので品質劣化も起こりにいので、毎日のスキンケアに安心してご使用いただけます。

 

人の皮脂に最も近い天然オイル エミューオイル

オーストラリアでは政府からも認められているエミューオイルは、アレルギーなどの疾患を持つお肌を外部の刺激から守り正常な状態に戻す手助けをするとも言われています。
お肌の弱い赤ちゃんやご年配の敏感肌や乾燥肌にもご使用いただけます。

 

日本でも古くからなじみのある同じ動物性オイル「馬油」に比べても脂肪酸組織が人の皮脂成分に近く角質への浸透力が高いのが特長です。
また、馬油の働きは保湿が主であるのに対し、エミューオイルは保湿、抗炎症作用があるので、肌のトラブルやスポーツ後のマッサージオイルとしてもおすすめです。

 

エミューオイルの特長

高い角質層の浸透力

人間の皮脂に重要な必須脂肪酸がエミューオイルには理想的な成分バランスで豊富に含まれています。
エミューオイルは、角質層への浸透性や吸収率が高いので、すぐ浸透していきますので使用後は、ベタつきがありません。

優れた潤滑性

一般的なオイルやクリームに比べ約7倍の潤滑性があります。
この潤滑性の高さゆえ、筋肉の故障箇所や疲労、コリなど筋肉関節ケアや、皮膚の保湿用のスキンケアとして、プロアスリートのトレーナーも多く利用されているようです。

 

 

≪主要成分≫
オレイン酸47.8%
パルミチン酸21.7%
リノール酸15.1%
ステアリン酸9.3%
パルミトレイン酸3.7%
リノレン酸0.8%
ミリスチン酸0.4%
マルガリン酸0.2%
アラキン酸0.1%
その他1%