万能オイルで乾燥知らず!

冬場の乾燥はもちろんのこと、エアコンがきいているいるオフィスなどでは一年を通して髪やお肌の乾燥が気になります。
そんなとき、万能オイル一つで髪の毛もお顔も体も全身乾燥ケアができます。

 

特に敏感肌や乾燥肌など肌トラブルを抱えていると評判が良くてもケミカルなものや肌に刺激の強 いものは使用することに抵抗があるかと思います。
天然素材の万能オイルは世界中で古くから長く使用されているものが多いので安心できます。

 

いざ、万能オイルでスキンケアを始めようと思っても石油系の油や動物油、植物系の油など、たくさんの種類の油があります。
日本でも万能オイルとして椿油やハッカ油、あんず油、馬油などのオイルは昔から親しまれています。

 

近年、世界各国で使われている万能オイルが日本でも紹介され、多くの化粧品メーカーもオイルの力に着目し美容成分として配合した新商品も続々と販売されています。

 

髪の毛から足の先まで、全身に使える万能オイルは、化粧ポーチに小分けにして持っていれば、ちょっと乾いたかな?
と感じた時の日常のスキンケアから旅行や出張、急なお泊りでも対応できる女性の強い味方です。

 

精製が違う!食用と美容用オイル

一般に流通しているオイル(油)には、食用と美容用のがあります。
身近に使われているオリーブオイルなどはその代表格でしょう。

 

スーパーの食料品売り場でも数多くの種類のオリーブオイルが売られています。
一方、化粧品売り場でもオリーブオイルの化粧品が売られています。

 

食用と美容用、どちらもオリーブオイルであることに変わりがないのに
何故、用途が分かれているか疑問に思ったことはないでしょうか?

 

実際、食用と美容用のオイルを手にとってみると一目瞭然。
香りや色・昧・質感などに差があるのがわかると思います。
それらの違いは、油の精製度によるものです。

 

食用油は味や香りを、美容用油は手触りや質感といった肌に塗る際の
使用感を重視して精製されています。
なので、用途に合わせたものを使用した方がおすすめです。